吸えるの?吸えないの?飲食店禁煙化の最前線!

飲食店の禁煙化はいつから始まる?

具体的な禁煙化の時期とは

では、具体的には、いつから飲食店での全面禁煙化が始まるのでしょうか。
議論が長く続いているものの、具体的なスタート時期については実はまだ決まっていません。

さらに「全面禁煙化」と言われているものの、店舗の面積で制限を設けたり、分煙の推進であったりと、本質的には全面的な禁煙ではない案も検討されています。
全面禁煙化には、根強い反対意見も多いのです。

しかし、WHOからの指摘や海外からの評価もあり、このままと言うわけにもいきません。
何より、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の今日オリンピック・パラリンピックの開催が控えています。
この大きな国際イベントの開催前には、何らかの決定打が下されるはずです。

自治体での取り組み

受動喫煙防止に関しては、既に神奈川県と兵庫県で条例が制定されています。
また、東京では都心部を中心に飲食店での禁煙化が進んでいます。

そんな中、東京都では「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が可決、成立しています。
「子供のいる部屋で喫煙しない」「受動喫煙の対策がされていない施設や、喫煙専用の部屋に子供を立ち入らせない」「子供が乗っている自動車内で喫煙しない」等、主に家庭内での受動喫煙防止に関する内容となっています。

このように、自治体においても既に受動喫煙防止に向けての対策が進んでいます。
日本人の喫煙率は既に2割を切っており、女性に至っては1割にも満たないという状況。
非喫煙者が圧倒的に多いという社会の中で、飲食店を禁煙化するという動きは、自然なものともいえます。