飲食店ではタバコは吸えなくなるの?

吸えるの?吸えないの?飲食店禁煙化の最前線!

全面禁煙の時代がやってきた?!

ここ数年で特に目にしたり聞いたりする機会が多くなってきた、飲食店での喫煙に関する話題。 かねてより、折に触れて議論となっていた話題ですが、いよいよ具体的に法律の改正なるか?という状況になっています。 ではなぜ、今このタイミングでなのでしょうか。 その背景を探ってみましょう。

なぜ今、禁煙化?議論を急ぐ理由とは?

2016年ごろから、飲食店の全面禁煙化に関するニュースを度々目にするようになりました。
これは、健康増進法の改正案として厚生労働省が検討しているためです。
健康増進法は、国民の健康の維持と増進を目的として制定された法律です。
この中に、受動喫煙防止に関する内容を盛り込んだ改正を行うというのが今回の目的です。

喫煙における健康への悪影響はもはや明白なもの。
本人の嗜好によるので、喫煙する本人は個人の責任でよいとして、問題は、喫煙していない周囲の人々にも影響があるというところ。
喫煙者ではないのに、周りの喫煙者が出す煙を吸ってしまうことにより、有害物質を吸入してしまうことになるのです。

この、受動喫煙を防ぎ、国民の健康を守ろうということで、やっと動き出したというところ。
世界的に見れば、遅すぎるともいわれています。

主要先進国の中で見ると、日本の禁煙化は一番進んでおらず、この部分では「後進国」であるとも揶揄されています。
主要な先進諸国では、屋内での全面禁煙化は確実に進んでおり、中には自家用車内での喫煙を禁じる国もあるほどです。

これまでにも何度も議論されてきた問題ですが、ここ数年でその動きがより目に留まるようになりました。
日本にも、やっとその時代がやってきたというところでしょうか。
国内での全面禁煙化。
その背景には、どのようなものがあるのでしょうか。
また、実際に禁煙化はいつから始まるのでしょうか。
さらには、どのような議論が起こっているのか。

飲食店での全面禁煙化をめぐる動きについて、確認していきましょう。

飲食店の禁煙化はいつから始まる?

喫煙者にとっては、飲食店での喫煙が制限されるのは頭が痛いでしょう。 飲食店を経営する側にとっても、非常に大きな出来事です。 また、非喫煙者にとっては全面禁煙は歓迎すべき状況であると思います。 どの立場の人にとっても、開始時期については気になるところ。 禁煙化がスタートする時期について確認していきましょう。

禁煙化は、店の売り上げに影響があるのでは?

全面禁煙となると、売り上げが減るのではという危機感を抱いている飲食店経営者が多くいます。 単純に考えるとその通りのようですが、失う顧客がいる一方で、これまでとは違う層の顧客を得られるという可能性にも目を向けたいところです。 海外では研究も進んでおり、禁煙化がもたらす影響について報告が上がっています。

おすすめリンク

新宿で低予算カラオケ

本サイトではカラオケ店が豊富にある新宿で、お手頃価格のお店探しに挑戦しております